iPhone(アイフォン)修理 新宿南口

【新宿南口 iPhone】リンゴループの原因と対処法 iPhone(アイフォン)修理 新宿南口なら新宿駅近のスマホスピタル新宿南口にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口

iPhoneお役立ち情報

【新宿南口 iPhone】リンゴループの原因と対処法

[2021.03.31]

iPhone リンゴループ

iPhoneユーザーの方は「リンゴループ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

私も以前はAndroidスマホを使っていたので、iPhoneの修理する中で初めて聞いた言葉です。

リンゴループというのは、簡単に説明するとリンゴマークが一定間隔で点滅を繰り返す症状のことです。

今回はなぜ「リンゴループ」が起こってしまうのかをご紹介したいと思います。

 

【リンゴループの原因】

リンゴループが起きてしまう原因はいろいろあるとされています。

リンゴループの修理に来られる方で一番多いのは「OSの更新作業中のリンゴループ」です。

更新中に何らかのエラーが発生することで起こるようですが、よく言われるのは更新作業中にPCとつないでいるケーブルが抜けてしまったりWi-Fiが切れてしまうといったものがあります。

上記のような原因でリンゴループが発生した場合はもう一度リカバリーモードにして再度更新作業をすることで、復旧することがあります。

 

 次に多いのが、水没によるリンゴループです。

水没したことで、基板にダメージが及んでしまいシステムエラーを起こすようです。

基板洗浄やパーツを交換することで復旧する場合もありますが、一度水没した端末は動作が不安定になることが多いので、リンゴループが再発する可能性もあります。

また、一部機能を失わせることで、リンゴループから復旧することがあるのですが、カメラが使えなくなったり、ホームボタン、FaceIDなどが使えなくなるという代償があります。

水没した端末はいつ不具合が起きてもおかしくないので、復旧することができたらこまめにバックアップを取るようにしましょう。

 

一番復旧が困難なリンゴループはデータ容量がいっぱいになって起こったものです。

OSのバージョンアップを行う際はストレージにいくらかの空き容量が必要になります。

十分な空きが確保できないとアップデートすることができず、リンゴループに突入してしまいます。

容量いっぱいでのリンゴループは更新作業をしてもなかなか復旧してくれません。

最悪の場合データを初期化しないと使えないといったことにもつながりますので、もしもの時のためにiCloudとデータの共有をしておくことを勧めます。

 

リンゴループになってしまい、更新作業を試しても改善されなくて困っている方は、スマホスピタル新宿南口店へお問い合わせください。

 

スマホスピタル新宿南口店 オンライン予約ページ

_top_img

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル新宿南口の詳細・アクセス

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2‐8‐5 新宿南口ビル402号室

営業時間 12:00~21:00

電話番号 050-5445-9228

E-mail info@iphonerepair-nishishinjuku.com

オンライン予約 スマホスピタル新宿南口 WEB予約 >>

一覧に戻る

050-5445-9228 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 新宿南口

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル