iPhone(アイフォン)修理 新宿南口

iPhoneは完全防水ではありません【iPhone】 iPhone(アイフォン)修理 新宿南口なら新宿駅近のスマホスピタル新宿南口にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口

iPhoneお役立ち情報

マメ知識

iPhoneは完全防水ではありません【iPhone】

[2021.09.24]

カテゴリー:マメ知識

こんにちは、スマホスピタル新宿南口です。
水没端末
突然ですが、皆様はiPhoneの耐水性能についてどれぐらいご存知でしょうか?
iPhone7以降の端末から、iPhoneには耐水性能が付加されました。

フロントパネルと本体の間に耐水テープが施工されるようになり、
本体内部を水濡れから防いでくれる他にも、
フロントパネルを本体の分離から守る役割も担っています。

当店に修理を依頼される多くの案件は、
ガラス+液晶交換修理やバッテリー交換修理など
基本的にはフロントパネル部分を開いてから行う修理になります。

一度でもフロントパネルを開けてしまうと耐水テープが剥がれてしまうため、
耐水性能は修理時に失われてしまいます。

ただ、当店ではお客様のご要望に応じて、耐水テープの再施工も承っております。

今回は、iPhoneの耐水性能についてご紹介できればと思います。

iPhoneの耐水性能について

結論から言いますとiPhoneに付与されている耐水性能は、完全防水ではありません。

完全防水ではないため、
iPhoneを着用したまま入浴をしたり、大雨の日に使ってしまうだけでも
水分が浸入するリスクが高く水濡れによる破損に繋がります。

また、フロントパネルやバックパネルを割れたまま使用している方も
多いのではないかと思っております。

割れたまま使用していると破損個所からも水分が浸入するリスクが高くなるため、
割れてしまった段階で、修理の検討をしていただければと思います。

耐水テープの再施工の必要性

ここまでで耐水テープの必要性について疑問視された方もいるのではないでしょうか?
それでも耐水テープを再施工するメリットは多くあります。

前述したように耐水テープはフロントパネルと本体の間に施工されています。
そのため、端末に衝撃が走った際にフロントパネルを本体の分離から守ってくれます。

フロントパネルには内部パーツを破損から守る役割もあるため、
結果として耐水テープを再施工することで、故障するリスクを軽減することができます。

当たり前ですが、耐水テープを再施工することで、
本体内部に水分が浸入しないように再び防いでくれるようになるからです。

水回りでの使用を避けていただければ、耐水テープの劣化も少なくなり、
仮に水の中に落としてしまっても、端末が故障するリスクを軽減してくれます。

まとめ

今回はiPhoneの耐水性能についてご紹介いたしました。

iPhoneの使い方や気を付けるだけで、
端末の寿命を大幅に延ばすことができるかと思います。

耐水テープの再施工についてもお客様自身で有用性をご理解していただき、
必要に応じて耐水テープの再施工をさせていただければと思います。


_top_img

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル新宿南口の詳細・アクセス

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2‐8‐5 新宿南口ビル402号室

営業時間 10:00~19:00

電話番号 050-5445-9228

E-mail info@iphonerepair-nishishinjuku.com

オンライン予約 スマホスピタル新宿南口 WEB予約 >>

一覧に戻る

050-5445-9228 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新宿南口

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 新宿南口

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 新宿南口
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル